コーリンベルトの使い方

サイトマップ

動画で見るコーリンベルトの使い方

動画でコーリンベルトの使用手順が解説されていますので、ご参考下さい。

これを機会に、着付けを学んでみませんか?
着付け講座は、一人で着物を身につける技術がつくだけでなく、
将来、着付スクールの先生になって人に着付けを教える仕事をしたい方にもオススメです!

▼着付け教室の資料請求(無料)はBeauty資格ナビからどうぞ▼

>>美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ!



▼着付け教室に行くのは不安がある・・・という方はこちら▼

【DVDを見ても着付けが習得できなかった場合は全額返金!
初心者の方でも自宅で一人で習得可能!
早い人で1日、遅い人でも1週間あれば着付けを習得できるDVD




コーリンベルトの使い方のポイント!
ベルトの長さは、事前に肩幅くらいの長さに調整しておいて下さい。
やや緩めにしておくのがポイントです。

  1. 下前の衿元をコーリンベルト留めます。留める位置は身ハツ口下のところです。
  2. コーリンベルトを身ハツ口から通して後ろに回します。
  3. 後ろに回したら、留めクリップで、上前の衿元を留めます。

なお、これを使ったからと言って、必ずしも着崩れしないという訳でもありません。
着物は動いているうちに着崩れはするものと理解して下さい。


なお、昨今は伸縮性のある伊達締め「着物サッシュ」という商品もあります。
長襦袢などは、元々胸が苦しいなりやすいので、サッシュの方を使った方が良いかもしれません。


コーリンベルトとは?

コーリンベルトは、着付けを行う際に衿の着崩れを防止できるとともに、 腰紐の締め付けの痛みを和らげるという使用上のメリットがあります。

長時間、着物を着るような場合は、紐の部分の締め付けの痛みを軽減できる小物類で、胸紐の代わりとしてとして重宝されています。ゴムの両側にクリップが付けられた形状になっており、幅は2cmから3cm程度で長さは調節可能です。


現在は、振袖や留袖、浴衣など女性用の着物のほか、男性用の浴衣などにも使われており、 種類も喪服用、長襦袢用などがあり、サイズもMサイズ-Lサイズなで様々です。


価格としても、1000円程度でそれほど高い値段ではありませんので、帯の締め付けの痛みで悩まれている方は、伊達締め・胸紐の代わりに用いて見て下さい^^

検索


プロフィール

美容師

京都市で美容院の美容師をしております。
美容院でお客様の着付スタッフとしても働くうちに、装道に興味を持ち、着付教室にも通うようになりました。

子どもの七五三や友人や親戚の結婚式など、女性の場合は案外、着付けを必要とする機会は多いものです。

その場合、着付け初心者の方は、その都度、美容院に通う事になると思いますが、頻繁に通っているのであれば、着物の着付け教室に通うのをオススメします。

コーリンベルトの使い方はもちろん、小物類の使い方や振袖・留袖・も服・襦袢・長襦袢など、着物に合わせた指導を行ってもらえるはずですよ。

着物教室

サブコンテンツ